思いがけない高査定が出る車買取業者。その訳は?

19 6月, 2014 (20:44) | 未分類 | By: fenoiaef3hr9

車買取の査定を行うときに、大手の業者を抑えるというのはいわば当然のことです。
全国展開している業者の査定額を知ることで、よりあなたの車を高く買取ってもらう準備となることでしょう。

ここでは実際に私が査定をお願いし好印象だった車買取の査定で押さえておきたい2つの全国展開している業者を紹介します。
まずはラビットです。

こちらの査定はトレンドに沿った情報がいち早く届きます。
その要因は国内最大級のUSSオートオークショングループだからです。

リアルタイムで日々変化する車の査定額。
それを敏感にキャッチしてあなたの車の最新の査定額を提示してくれることでしょう。

もう1つはカーセブンです。
全国で約90店舗もの展開をしているこの業者は、買取店であると同時に販売店を備えているのが特徴的です。
車の買取のことなら、ベイエフエムの話もあるこちらのサイトも良いでしょう。

しかも、自社で買取った車は自社で販売するという姿勢を持っており、他の業者には無い査定基準がありますので思いがけない高査定を得られた経験があります。
このように、個性あふれる全国展開している買取業者、あなたの車買取先選びに参考になさってください。

トヨタのプリウスアルファは買いか

トヨタのプリウスは今まで5人タイプが一般的でしたが、7人乗り用もあります。
プリウスアルファという車種です。

このアルファは縦に長く、5人乗りタイプでは足元に割と余裕があります。
7人乗りタイプは3列目があり、簡易7人乗りといったイメージ。

残念ながらミニバンのような広さは期待できません。
3列目は、中肉中背の男が乗ると結構窮屈です。

ですが、普段は親子4人で乗るけれど、帰省したら両親が乗るため6人+荷物になる、というようなことが想定される家族構成には最適な車といえるでしょう。
また、休日には友人とよく出かけるというアクティブな若者にも受け入れやすいようです。

プリウスアルファは全体的にグレードが高いため、普通のプリウスよりも車両価格が高く、重量も重くなっています。
リアのデザインは3列目があることを考慮し、普通のプリウスより上がっているので、バンに近いようなフォルムです。

ですが、全体的に上品に・そして重厚に仕上げられたラインは「よくあるプリウス」とは一線を画しており、だからこそ街中でも目立ちます。

車の点検同伴のプレゼント

11 7月, 2014 (09:46) | 車メーカー他 | By: fenoiaef3hr9

姉から「車の点検に行くけれど、一緒にどう?」と聞かれ、たまには一緒に出かけるのも良いものかと、車の点検に同伴しました。
点検中の待ち時間を一人で過ごすのは退屈だから誘ったのかなと思っていましたが、姉からのささやかなプレゼントだったのです。

大げさに思われるかも分かりませんが、そこでの待ち時間は、静かなサロンでの優雅なひとときだったのです。
まずは、車から降りると、すぐ傍でスタッフが出迎えてくれる。

そして、待合室ならぬサロンに案内され、ソファーに腰掛ける。
すると、ウェイトレスならぬ綺麗なスタッフが現れて、メニューを説明される。

コーヒー、紅茶、ジュース、そして、クッキーやバウムクーヘンなどスイーツまで選べてしまう。
もちろんこれらは無料です。

これが車の点検サービスに含まれているのですから、驚かずにはいられませんでした。
おいしいお茶とスイーツをいただきながら、点検が終わるのも待ちました。

外の喧騒は嘘のように静かで落ち着いた雰囲気に包まれて、姉と交わす会話も、いつになく、おしとやかになっていたように思います。
同じメーカーでも別のディーラーでは全く異なると思いますが、こんなサービスをする所があるのだと初めて知りました。

車の値段にはアフターサービスも含まれているのですね。
高額の車にはそれだけの価値がある、ということでしょうか、と妙に納得しました。

始めて所有した自動車

13 6月, 2014 (09:45) | 車メーカー他 | By: fenoiaef3hr9

私は自動車免許を取得しても暫くは車を所持しませんでした。
社会人となって数年を経過してから車を持つことになりました。

なので所謂ペーパードライバーの期間がありましたので、いきなり良い新車を持つのではなく、まずはお安い中古車を持つことにしました。
そこで選んだ車はアルトワークスという軽自動車でした。

小さな車ではありましたが、始めて所持する車で大変嬉しかったことを覚えています。
小さな車は嫌いではありませんでしたし、この車のデザインも気に入り、ツートンカラーの綺麗なこの車を選びました。

但し、とてもお安い車でありましたので、至るところで不具合などありました。
例えば、山登りはキツかったこと、クーラーが効かなかったため夏場は大変暑かったこと、オーバーヒートしてしまうことなどです。

しかし、手間が掛かる車というのは、何処かしら可愛げがあったり、思い出が残るものだった様に思います。
この車の次に購入した車はセダンタイプの新車でしたが、あまり思い出というのは残らなかった様に思います。

もちろん、新車で良いこともありましたが、始めて所有したこちら車の方が何故か記憶によく残っています。
意外とそういうものかもしれませんね。

ダイハツムーヴの楽しみ

16 5月, 2014 (09:45) | 車メーカー他 | By: fenoiaef3hr9

2年前、息子が春に運転免許を取りました。
ちょうど大学の4年生で就職活動の最中でしたが、まずは原付バイクを自分のアルバイトで貯金したお金で買って、それから車が欲しいと言い出しました。

まだ学生ですから、アルバイトの貯金だけでは無理なので、親もお金を出すことにして、中古のムーヴを中古車ディーラーで見つけました。
本当はブルース・ウィリスが宣伝していたミライースに乗りたかったそうなのですが、大柄な息子にはミラは車高が低すぎて乗れなかったのです。

近所の中古車ディーラーを回ったり、ネットで検索したりして、大和市のディーラーを見つけてムーヴを購入しました。
もう8年ぐらいたっている車で、8万キロ乗っていた履歴があったそうですが、それにしてはちゃんと走って故障もしないいい車です。

それから2年、1年に1万キロぐらい走らせて、もうすぐ10万キロに届きそうなぐらいです。
車があるといろいろな所に行けて楽しいです。

三浦半島とか箱根とか相模湖など、県内のいろいろなところへドライブしました。
夜にムーブに乗って134号線あたりを走っている大柄な若者がいたら、それは息子かもしれません。

7月に車検がありますが、今度の車検を通したら、今年の終わりか来年のはじめ頃には新車を買うつもりでいるようです。
息子は今社会人2年目なので、新車のために貯金しているのです。

新車はまた新しいムーブにするか、日産のデイズにするか迷っているそうです。

ハイブリッドカーに憧れています

12 4月, 2014 (03:03) | 未分類 | By: fenoiaef3hr9

ハイブリッドカーがとても人気を集めているので私もそろそろ買ってみたいなと思っています。
あまり車を買い替えたりする方ではないのでハイブリッドカーの流行に乗り遅れてしまいましたが私も人気を集めているハイブリッドカーに乗ってみたいなとずっと思っていました。
見た目がカッコイイ車が多いですし、未来的なデザインに感じるのでハイブリッドカーはいいなぁと思っていました。

ハイブリッドカーならではのデザインに感じるのでとても好きです。
車はカッコイイ車を選びたいですしハイブリッドカーなら満足できるデザインなのです。
何よりも魅力的なのはやっぱり燃費の良さです。

ガソリン代の節約になることは私にとってはとても大きなことなのです。
長い距離を少ないガソリンで走ることができるのですから本当に最高の車だと思います。
どんどんハイブリッドカーは進化していますし私もそろそろハイブリッドカーに買い替えたいのです。

理想的な車ですし色々な車種が売られるようになっているのでハイブリッドカー選びも楽しめるようになっているので次に車を買う時はハイブリッドカーがいいです。

ドライブを快適にしよう

13 3月, 2014 (03:02) | 未分類 | By: fenoiaef3hr9

私はドライブをするのが大好きです。
車の免許を取ったのは、今から10年以上前になります。
初めて車を運転した時は、自分の世界が広がるような気がしてとても興奮してしまいました。

今でも、気分が落ち込んだりした時などはドライブをして気分転換をしています。
そんな私が、ドライブを快適にする方法を伝授したいと思います。
 ドライブに欠かせないのが音楽です。

音楽が流れてるのと流れていないのとでは全く違います。
ドライブで流す音楽は、自分が好きな音楽で良いでしょう。
ひとりでドライブに出かけることが多いひとは、自分が気にいってる曲を用意しておけば問題ありません。

ですが、2人以上でドライブに行くことが多いひとは同乗している自分以外のひとのことも気にするようにしましょう。
  そして、音にこだわりたいひとは、スピーカーをカスタマイズすることをお勧めします。
純正のスピーカーから社外のスピーカーに変えることで一気に音が変わります。

私のお勧めとしては、カロッツェリアのスピーカーです。
高音域がとても心地よく聞こえることが出来ます。
 心地よい環境で音楽を聞いて運転をすると、運転のストレスも緩和します。

これが私のこだわりです。